So-net無料ブログ作成
検索選択

三沢光晴~緑の方舟~ [DVD]

とりあえず、永かった。
DVD6枚、1126分(≒18時間46分)もある。

しかし、プロレスというのは、勝ち負けの結果ではなく、
どれだけ良い試合かというのが重要視されるからか、
不思議なもので、過去の試合というのもプロレスファンには面白い。

この試合の頃は、まだプロレスを観ていないな~。
この試合は、プロレスファンになった頃だから、まだ新日を観てて、全日は見てなかったな~。
この試合は、全日を観てたな~。
この試合は、会場にいたな~。
などと考えながら、
更にこの頃、自分が何をしてたかなどを思い出しながら、過去を振り返っていました。

やっぱり90年代初めの三沢は凄かったな。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

生きる [DVD]

黒澤明監督が1952年に作成した映画
ハリウッドでも数年前にリメイクの話があった。

この映画も初めての思い出小学生の時。
小学生が黒澤明?と思うかもしれないが、そりゃそうです。
小学生に理解できるような映画ではありません。
何故小学生の時の思い出がこの映画かというと、
小学校3、4年生の頃、担任の先生が授業の合間にこの映画の話をしてくれたから。
今考えると小学生に理解が出来るわけがないのに何故この映画について話をしたのかという疑問と同時に
この映画にめぐり合うきっかけを作ってくれた担任の先生に感謝したい。

~この作品を観た感想~
この映画は、これといった大きな仕事をすることなく、
ただ書類に印鑑を押すだけのような仕事を続けてきた役所の職員が
ガンに侵された事をきっかけに住民の役に立つ仕事をしたいと思い立つ物語だ。
とても1952年に作られたとは思えない、十二分に現在でも通じる映画になっていることに驚かされる。
多くの映画が時代の経過とともに時代の変化を感じさせられる中、
この映画に関しては、映像が白黒であるということ以外に大きな時代の変化が感じられない。
逆に考えると、1952年から約60年間、日本人は全く同じ不満を役所に対して持っているというのが皮肉だ。

黒澤明の映画は『7人の侍』を初め多く観たが
この作品が黒澤映画の中では一番面白いと思います。
正直、殆どの黒澤映画は私の好みではなかったが、この作品は別格です。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キッズ・リターン [DVD]

私が初めて観た北野武監督作品は、『その男、凶暴につき』。
小学生だった私には全く面白みがなく、お笑い芸人ビートたけしが道楽で作った作品という印象のみが残った。

その後、北野武監督作品を観る事はなかったが、
偶然この作品を観た時に映画監督北野武への印象が180度変わった。
北野武監督作品入門として分かりやすい映画だと思う。

~この作品を観た感想~
主人公である元不良学生2人はそれぞれの歩んだ人生で挫折するところで、映画が終わる。
ハリウッド映画と違い、ハッピーエンドではない。
ただ、悲しい終わりかというとそうではない。
最後の主人公達の会話によって、この映画の印象全てが変わる。
彼らの挫折の全てが救われる。
それが北野武監督からの強烈なメッセージとして伝わってくる。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

はじめに [DVD]

このカテゴリーでは、私が持っているDVDの中から
これはオススメという作品を紹介します。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。